<レー~マナリー Day6>ダブル峠超え

2009年 9月 21日 at 5:05 pm 2件のコメント

8月15日、昨日の教訓を生かし、今日はヒマラヤに敬意を示し朝早くに起きて出発!

今日はできたら二つの峠を越えたい。

一本の道路を走っていても、毎日風景が変わる。なんだか違う国に来たみたいだ。

毎日こぐ度に変わる景色

毎日こぐ度に変わる景色

そして、一日として楽チンな日はない。サイクリングロードとしては世界一高くて大変といわれているところに、ろくなトレーニングもなく、しかもこれが最初の長距離ライドなんだから当たり前か…

途中に大きな水たまりがあった。別々に走っていても、こういうところではギャビンも待っていてくれて手伝ってくれる。

峠を超えるときも、遅い私を見かねて迎えに来てくれた。

一つ目の峠を越えて下りきり、ブランディーナラというところに着いた。今日はここにキャンプするか、もうひとつ峠を越えるかどちらかになる。もうくたくただし、体はここで泊まりたい…でも、キャンプするにはなんだか雰囲気があんまりよくない。ということで力を振り絞ってもうひとつ峠を越えることに。

一つ目の峠!

一つ目の峠!

坂を上っている途中に反対から走ってくるサイクリストに会った。峠の頂上までは4キロほどだという。4キロ、平らだとあっという間だけど、のぼりだと長い…

やっと登りきった!と思ったら、今度は21個のヘアピンカーブ!ひたすら坂を下り続ける。暇なので数えてみた。本当に21個のカーブだった。

川に沿って走る。ガイドブックによると、このあたりにキャンプに最適な場所があるという。ちょっとした高台があり、そこにほかの人がキャンプをしたであろう跡がある。

今日は、初の本格的なキャンプ。前回は、テントで寝たものの食事は近くの食堂でとった。今回は料理も自分たちでする。

実はクッキング用品を使うのは初めて。ガスバーナーになかなか火がつかない。高度が高いせいもあるのかしら。やっと火がついても、お湯が沸くのに時間がかかる。まずは、前菜にインスタントヌードル。腹ペコだったから、こんなんでもおいしい。そして、出発前に友達からもらった、お湯を注ぐだけでできるおこわ&炊き込みご飯。これ、カトマンズに滞在中に外食に飽きてからずっと食べたかったやつ。ヒマラヤの雄大な景色の中でいただきました!おいしかった~。ありがとう!!

周りには本当に何にもなくて、真っ暗。時々近くの道を走るトラックのライトが見えるくらい。何にもすることがないので、今日もさっさと就寝。明日はどんな道が待っているのやら。

広告

Entry filed under: Uncategorized.

<レー~マナリー Day5>ヒマラヤを甘く見た罰 <レー~マナリー Day7>またまた強風にやられる

2件のコメント Add your own

  • 1. エリ  |  2009年 9月 22日11:26 am

    くらみ家の絵理です!!
    元気そうで安心しました
    そして素敵な出会いがあって~うらやましいい(笑)!!よかったね(^O^)/
    温暖化のこととか、友達からのレポートだとテレビで見るよりずっと現実的に聞こえます。

    私は先週実地研修を終えて、卒業試験に向けて追い込みに入りました。お互い最後まで頑張ろうね!!
    これからもえりちゃんの写真楽しみにしてます★

    返信する
    • 2. ericycle  |  2009年 9月 22日12:01 pm

      >えりちゃん
      おひさしぶり~??元気にしてる??
      試験の追い込みで忙しそうだね。体壊さないように気をつけて。
      コメントありがとうね♪そういってもらえてうれしいです☆
      村の人の正直な意見とか聞けて興味深いよ、本当に。
      あと一ヶ月くらいで帰るので、またみんなで集まろうね~!!!

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。