〈インド→ネパール〉陸の国境越え

2009年 12月 7日 at 1:03 pm 2件のコメント

8月25日。

電車を降りると、そこはいわゆるインドと言われて想像するインド。人と車と牛で溢れてごみごみとしている。

まずは、時間の関係で国境まで急ぐので、国境の町まで行く方法を探す。

今回は贅沢にもジープをチャーターすることに。今まで、人のいない山の中を走っていたので、いきなりのこの人ごみに慣れる事ができずに、一刻も早く脱出したかった!

コンクリの中に牛。なんか変。

幸いにも駅の近くにあった旅行会社ですぐにジープを予約できたので、となりの食堂で朝食をとる。たまたま近くにいた観光客が薦める焼きそばを注文したが、朝からちょっと重かった。周りのインド人が食べている、カレーと薄いクレープのようなチャパティと呼ばれるパンの方がおいしそうに見える。やっぱり、その地域で食べられている食べ物が、その地域に合っていて一番良いのかも。

朝からにぎわう食堂

食堂では、少年、おばちゃんがせわしなく野菜を切っている。お昼用だろうか、テーブルの上にパンを並べ、野菜を乗っけて揚げ物を乗っけて、またパンを乗っけて…バーガーを作っている。おいしそうに見えるけど、ここで生野菜を食べる勇気がまだない。

バーガーをせっせと作る青年。途中順番間違えてやり直し!

ネットカフェでメールをして、ゆっくり出発する予定でジープの時間を2時間後に決めたのに、朝食を食べ終わったらもうジープが来たから早く乗れという。

予約の時間意味ないし。

インドで乗り物が予定より早く来ることもあるんだね。

長く駐車できないから早く乗れ!って言ったって、メールチェックしなきゃいけないからちょっと待て!

あまりにも勝手すぎて、おもしろい。

電車ではやっぱりあまり眠れていなかったのか、ジープで爆睡してしまった。そして、国境から数百メートル手前で下ろされる。車はこれ以上行けない。そう言って私たちを下ろし、ジープは国境へ向かって走って行った。インド人、おもしろ過ぎるわ。

しょうがないので、うるさいリキシャ引きをかき分けて国境まで走る。

国境には人と車が溢れている。現地の人は行き来が自由なのか!?陸での国境越え、もっと警備が厳しいのかと思ったけど、そんなことはなかった。このまま通っちゃっていいの??そんな感じだ。

もちろん、国境越える前にちゃんと小屋で書類書いてスタンプもらったか問題ないんだけど、あまりにもあっさりしてた。

国境を越えて、ネパールで入国手続きをする。

ふ〜、ネパールに入ったってだけで、なんだかものすごくほっとした。

人の見た目も、街並もほとんど変わらないのに、なんかものすごい安心感。

人が少なくなったからそう感じるのだろうか。

腹ごしらえをして、この日の目的地、ブッダ生誕の地で有名なルンビニを目指す。

ブッダ生誕の地、ルンビニ。

実は、ひさびさの長距離自転車移動!なんだかわくわくする。この日は20キロくらいだけど。

インドのマナリー/レーを走った時は山の中で、ほとんど人がいなかった。ヒマラヤで有名なネパールといっても、インドと接するこの南部は平坦な土地。現地の人もたくさん自転車で移動している。そして、道路脇には人もたくさん住んでいる。

これからは、人びとが生活しているのを見ながら走れる。

楽しみだ♪

広告

Entry filed under: インド, ネパール. Tags: , , , , .

〈インド〉いよいよ電車に乗り込む 〈ネパール〉ブッダ生誕の地ルンビニからチットワンへ

2件のコメント Add your own

  • 1. sakai yoshiki  |  2009年 12月 8日 12:21 am

    はじめまして

    mixi からやってきました

    陸路ネパールへ!
    この原動力は、なんなんだろう?
    11月4日の日記が、すこしヒントになりました
    「東京で起こることは、すべて想像の範囲内なのが、、、悲しい」
    これだね、こう感じたら、動くしかないよね。

    でも、どうしてインド?

    返信する
    • 2. ericycle  |  2009年 12月 8日 11:13 pm

      >sakai yoshikiさん
      コメントありがとうございます!
      地球温暖化の影響をこの目で確かめるために、インド、ネパール、バングラデシュを選びました。
      この地域は、ヒマラヤなどの標高の高い地域から、バングラデシュのような低い地域までが
      狭い範囲に集まってるので、いろいろな影響を見られると思って選びました。
      初めての自転車の旅でしたが、かなりはまりました!
      sakaiさんもいろいろなところへ旅行されているのですか?

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。