〈ネパール〉イムジャ氷河トレッキングに向けて

2009年 12月 22日 at 4:12 pm コメントをどうぞ

チトワンからカトマンズまでバスで戻る。

その道は、狭くてバスやトラックで溢れていた。

自転車でなくて本当に良かった。

カトマンズにも見所がいっぱい!

カトマンズにしばらく滞在して、現地の新聞のインタビューなどを受けた。

9月の頭には、アマンダがオーストラリアに帰ってしまった。

カトマンズではお祭りに出くわした。

そして、いよいよイムジャ氷河湖を見にトレッキングに行く。

氷河湖は、その名の通り氷河が溶けてその水がたまってできる湖で、イムジャ氷河湖は年々大きくなっていると言われている。決壊の危険性があり、地球温暖化のアイコン的な存在としてテレビにもよく取り上げられているので、見たことある人も多いと思う。

その氷河湖を自分たちの目で見たいと思った。そして、そこに住んでいる人達はどのような思いでいるのかを聞いてみたいと思った。

イムジャ氷河湖はあまりにも注目されているので、他のところに行くという事も考えたが、いいガイドさんがいないという事で断念。残念ながら私たちは現地の言葉が話せないから、ガイドさんは絶対に必要だ。安全のためにも。

今回は、WWFのClimate for Lifeの一員でもあるネパールのトレッキング会社Asian Trekkingに手配をお願いした。

日程を決めて、お金を払えばあとはすべて整えてくれる。

私たちは、トレッキングに必要なものを買いにカトマンズの町に繰り出した。

カトマンズはトレッキング、山登り目当ての観光客が多い場所なのでトレッキンググッズを安く揃えられる。もちろん、あまりにも安すぎる物は品質もそれなりの物なので、注意が必要だ。寒いかと思ってレーに行く前に買ったタイツは2、3回使ってすぐに穴があいた(笑)

これはトレッキングショプではないけれど。昔の街並が残る地域。

防寒着はレー、マナリーを走る前にだいたい揃えていたので、今回はちょっとした荷物を運ぶリュックとエネルギー補給食を買い込む。シリアルバーとチョコレートをたくさん!このシリアルバーが自転車に乗っている時も本当に役立った。簡単に食べられて栄養&エネルギー満点!

そして、リュックは一つ買った。大きな荷物はポーターが持ってくれるらしいので、レインジャケットやエネルギー補充食、水を持つためのものだ。これは、ギャビンが運んでくれるようなので、私は手ぶらで山登り!

飛行機は早朝の便。飛行場のあるルクラという町は山の中で午後は霧が出て、午後は飛べないらしい。高山病になるかならないかは、体調にもよるらしいので、前の晩は早めにベッドへ。

人生初、本格トレッキング!楽しみだ♪

陶器がたくさん乾かされている。

広告

Entry filed under: イムジャ氷河トレッキング, ネパール. Tags: , , , .

〈ネパール〉チトワンでジャングル探検 〈ネパール〉イムジャ氷河湖へのトレッキング 一日目

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。